2013年03月の日記

3月議会は予算を決める議会です。傍聴においでください。
議会傍聴においでください。インターネットでも議会が見れます。ご利用ください。一般質問は、
3月19日(火)午前9時30分から
1番目、うちば 恭子の質問から始まります。
再生エネルギーの活用で原発ゼロに
東日本大震災から2年、被災地の復興を阻む要因は、福島原発の放射能汚染。脱原発のために、自然・再生可能エネルギーの活用が望まれる。
1. 原発ゼロへの市長の見解はどうか。
2. 市長は、「省エネ、自然エネルギー活用の研究を進めながら推進したい」と回答していた。研究と推進はどうなったか。
3. 住宅以外への太陽光発電補助の拡大や公共施設、公的施設での太陽光発電設置の推進は。
4. 風力発電、メガソーラーなど自然エネルギーの誘致をしてはどうか。

就学援助の拡大で子どもを守れ
計画されている生活保護費削減は、受給者の生活を直撃するだけでなく、就学援助や最低賃金、個人住民税非課税限度額、保育料や医保険料などくらしに深刻な影響を与える。
1. 保護基準引き下げで、負担増や制度を利用できなくなる人への対応はどうするのか。
2. 市の就学援助の基準は保護費の1.3倍。保護費減で就学援助が受けられなくなることは問題。この基準を引き上げてはどうか。
3. クラブ費、PTA会費、生徒会費の支給と小学校入学準備に対応した支給をしてほしい。
2 田中 英輔  3 姉川 さつき 4 芝尾 郁恵

3月21日(木)午前9時30分から 
5 阿部 友子 6 高原 伸二 7 仲道 誠明 8 吉住 長敏 
 9 前野 早月 計9人
「年金2.5%の削減中止を求める請願」
市民建産委員会で採択(3月6日)
紹介議員 内場恭子、賛成議員 吉住長敏

今年10月から3年かけて計画されている「年金の2.5%削減中止を求める請願」が、前野早月、仲道誠明、三好貴一議員の賛成で採択されました。委員会からの意見書にはできませんでした。しかし、委員会後に賛成していただいた議員により、政府への意見書(案)を本会議(3月26日)に提案できるよう、尽力していただいています。
本会議での可否はわかりませんが、年金者のみなさんの願いを政府に届けるため、意見書提出議員やほかの賛同議員ともに、がんばります。傍聴にもおいでください。
ほかに、隣保館の使用料を決める条例案や「拉致被害者の早期救出を求める意見書」の請願、174億円の平成25年度一般会計予算、7特別会計予算などが提案されています。
(2013.03.10)

もどる
バックナンバーリスト